2ちゃんねらーによる川崎投手不正投票事件続報

2ちゃんねらーによる川崎投手不正投票事件続報

中日川崎球宴投票先発部門1位に辞退を示唆 (サンケイスポーツ)2003年6月18日(水)11時15分

 オールスター・ファン投票の中間発表で17日、一昨年から一軍登板がない中日川崎憲次郎投手(32)がセの先発部門1位に立ち、自ら出場辞退を示唆した。二軍が練習する名古屋市内の中日室内練習場で事態を知らされ、「(選ばれても)出たらいけないでしょう」。素直な支持票とは受け取り難い経緯に、沈痛な表情だった。

 当然といえば当然の決断だった。“ついに”ファン投票の先発部門で1位に立った川崎が、出場辞退を示唆した。

 「最初は励みになると思っていたけど、ある人から(投票の経緯を)聞いて、そんなもんかと思った。ボクが出たらいけないでしょう」

 騒動の発端はインターネットの掲示板。“サボリ選手を球宴1位に”との呼びかけに、短時間で大量の投票ができるソフトなどが使われ飛躍的に票を伸ばしてきた。第1回中間発表では13位。機構側はパスワードを導入して投票手順を複雑にしたが効果はなく、すぐ阪神井川に次ぐ2位に。そしてこの日、井川を約1万1000票上回る69万3367票でとうとうトップに立った。

 FA移籍して3年目。過去2年は右肩痛で一軍登板ゼロ。今季はここまで二軍戦で2試合に投げ、雨天中止になったこの日も先発予定だった。必死に名誉挽回を目指してきたが、心ないファンによる選出では出場できるはずもない。

 もし球宴時点で一軍にいて辞退すれば、登録を抹消され10試合の出場停止。そんなペナルティーも覚悟の上で、球団側も「辞退することになると思う」(伊藤球団代表)と説明した。

 「異常。これは問題だよ。(投票を)控えてほしい」。ファン投票の“本筋”から外れた事態に山田監督は怒り心頭。過去に組織票などの問題はあったが、嫌がらせともいえる今回のケースは前代未聞。23日の最終中間発表のあと、7月3日に最終結果が発表されるが、来季は投票方法の見直しを迫られそうだ。

http://news.lycos.co.jp/search/story.html?query=%8Cf%8E%A6%94%C2&cat=6&q=18sankeispo009